記事詳細

「パーキンソン病」治療に光明 大阪大や東京医科歯科大が抑制物質開発 マウス実験で症状改善

 手足の震えや体のこわばりが起こる難病「パーキンソン病」の原因物質ができるのを抑制する物質を開発し、マウスを使った実験で症状を改善することに成功したと、大阪大や東京医科歯科大のチームが21日付の英科学誌電子版に発表した。発症や進行を抑える根本的な治療法につながる成果として期待される。

 パーキンソン病は脳内で情報を伝える神経伝達物質ドーパミンを出す神経細胞が減って起きる。αシヌクレインというタンパク質が、脳の神経細胞内に異常に蓄積することなどが原因とされる。

 チームは細胞内でαシヌクレインの合成にかかわるリボ核酸(RNA)を分解してαシヌクレインが作られないようにしようと考え、このRNAと結合して分解を誘導する「核酸」という物質を人工的に作った。

 パーキンソン病の状態にしたマウスにこの物質を投与すると、歩行、ぶら下がり、食べ物をかみ砕く機能で症状が改善。αシヌクレインの合成や蓄積が抑えられたためだという。