記事詳細

【おやじ酒場】新鮮魚介類と“お笑いネタ”で乾杯! お笑いコンビ「ゾフィー」のサイトウが店主を務める 小田急小田原線・JR横浜線町田駅「大西鮮魚店 町田本店」 (1/2ページ)

 東京と神奈川の境界線に位置する街・町田。原晋監督率いる青山学院大学陸上競技部の寮があることでも有名だ。かつてはディープな店が何軒ものれんを掲げていたが、再開発が進み、ドでかいターミナル駅のある街に大変身。この街を呑兵衛はキョロキョロ、ウロウロ…。魚貝が自慢の店に襷(たすき)をつないだ。

 JR町田駅ターミナル口を出て、ターミナルロード商店会に向かう細い路地に入ると、透明のビニールシート張りでトタン屋根、周りを一升瓶で覆ったテラス席(12席)が見える。漁師小屋のような店先に誘われて扉を開いた。

 店内を見渡すと、にぎやかに提灯や酒蔵前掛けがぶら下がる。4人が腰掛けられるテーブルが8卓。まだ日が高いというのに赤ら顔の御同輩が杯を酌み交わしている。奥のカウンターの止まり木に座り、「生ビール」(500円)をお願いしようとすると、店主の斉藤直樹さんが「19時まではドリンクは半額です」と助け舟。こはく色のジョッキをグビリ。ノドを潤した。

 「厚焼き玉子」(480円)や「マグロ血合い竜田揚げ」(450円)など逸品のアテもあるが、“鮮魚”店だから刺し身でしょ。お品書きをのぞくと、刺し身は25グラム(240円~)単位の量り売り。「厚切りの本マグロなら2切れ、タイなどの薄切りは4切れ」と斉藤さん。ひとり呑みにはうれしいね。盛り合わせも1500円から。豊洲直送だけあって新鮮でプリップリ。目の前に海が広がっていく。

関連ニュース