記事詳細

【安達純子 健康寿命UP術】日光に当たらないとビタミンDが不足、大腸がんに? (1/3ページ)

 4日に立春を迎えたが、まだまだ日照時間が短い“冬モード”。外出しないと日光にあたる時間は少なくなる。それによって不足する栄養素をご存じだろうか。「ビタミンD」である。ビタミンDが不足すると、骨のカルシウム吸収率が悪くなり、骨がもろくなる骨粗鬆(こつそしょう)症を後押しすることはよく知られている。さらに、大腸がんに関与することも明らかになってきた。

 「東北の日本海側で大腸がんが多いのですが、冬期の日照時間が短くビタミンDが不足していることが一因かもしれません。ビタミンDは健康に欠かせない栄養素なのです」

 こう説明するのは、国立国際医療研究センター疫学・予防研究部の溝上哲也部長。溝上氏は疫学調査を駆使した予防医学や、ビタミンDの研究を長年行っている。その研究成果として、日照時間が短い地方に大腸がんが多いというデータや、食事や血中のビタミンDの量が低いと大腸がんや前がん病変である大腸腺腫が多いというデータを専門誌に発表している。

 最近10年間で、国内外からビタミンDのがんに対する予防的作用を支持する疫学研究の報告も相次いだ。

関連ニュース