記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】長崎県南島原市 口之津温泉「しらはまビーチホテル」と名物食堂「鶏の白石」

 長崎県南島原市口之津は、1562年に開港、南蛮交易で栄えた地。港近くの口之津温泉「しらはまビーチホテル」は、美しい白砂青松の白浜海水浴場に面したファミリータイプの宿泊施設。

 源泉温度は19.7度、ph8の弱アルカリ性。泉質はナトリウム-塩化物冷鉱泉で無色澄明でわずかに塩辛い。南島原で採れた新鮮な魚介と野菜料理が自慢の宿だ。

 南島原市民イチオシのソウルフード「鶏の白石」は、この店の唐揚げ目当ての常連や、他県からの出張族でいつも行列が絶えない。1970年の創業以来、亡きご主人の遺志を継いでかたくなに味を守り続けてきた白石恵子さんが営む名店だ。

 一番人気のもも、ももから骨を取った骨抜き、鶏のさまざまな部位がまざったぶつ切り各600円。ポン酢と大根おろしが付いた和風が750円。付け合わせはキャベツの千切りとシンプルだが、丼サイズのご飯と大椀の味噌汁、漬物が付いてくる。パリパリでサクサクでしっとりとした、鶏もも唐揚げに手づかみでかぶりつき、冷たいビールで流し込む! シアワセだ。(一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■口之津温泉「しらはまビーチホテル」 長崎県南島原市口之津町甲2829の1(0957・86・3030)。平日1泊2食2人1室9710円から。詳細はHPで。

関連ニュース