記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】山梨県早川町 奈良田温泉・七不思議の湯「白根館」の「山人料理」

 南アルプスの山麓、奥山梨「奈良田温泉白根館」の源泉名は、奈良田温泉七不思議の湯。源泉温度47.8度、ph9.1のアルカリ性、泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉。かけ湯をしただけで湯が体にまとわりついてくる?! 湯船につかると薄めたゼリーの溶液に包まれたような不思議な感覚。加水加温循環ろ過消毒とは無縁の正真正銘の源泉かけ流しで、1日おきに換水清掃しているので清潔感も満点。露天風呂(丸太づくりと石づくり)と内風呂がそれぞれ2つあり、男女時間制で入れ替えるので滞在中にすべてが楽しめる。

 生芋から手作りしたコンニャクとミルフィーユのように何度も重ねた生湯葉の刺し身、金色に輝く山女のイクラなどの山の幸満載の山人(やまんど)料理のメーンは、猟師でもある宿の父子が山で仕留めてきた本物の鹿肉を使った、かのし(鹿)のしゃぶしゃぶ鍋。幸運に恵まれたお客にふるまわれる獲れたての鹿のタン(舌)、ハツ(心臓)、肝(レバー)は、都会で食べるどんな高級食材をもしのぐ山のごちそうだ。

(一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■奈良田温泉七不思議の湯「白根館」 山梨県早川町奈良田344。(0556・48・2711)。平日2人1室1泊2食(山人料理プラン)1万4500円から。詳細はWEBで。