記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】眉間、鼻の下、背中にニキビが頻発… 消化器系に負担かける習慣が影響 (2/2ページ)

 M そうですか。生活スタイルもニキビに影響していたとは。

 ひどい時には、過去に病院でもらっていた抗生剤を飲んだりもしたのですが、なぜか改善しないんですよね。

 愛 抗生剤はひどい時だけ数回飲んでも、なかなか効かないどころか、耐性菌ができて悪影響を与えてしまうこともあります。数回では意味がないので医師の指示に従って継続して服用するようにしましょうね。

 M 確かに今まで継続してしっかり服用したことが、なかったかもしれません。

 愛 それでは治るものも治りませんよ。まずは、乱れている生活習慣を整えることから始めてみましょう。

 M はい。年も改まったので、心を入れ替えて整えてみます。ニキビに良いとされる漢方薬を教えてください。

 愛 まず、皮膚疾患とストレス、胃炎とニキビに効能がある黄連解毒湯(おうれんげどくとう)。あと、膿(うみ)が気になる時には、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)、十味排毒湯(じゅうみはいどくとう)なども使います。

 M ありがとうございます。地道な努力が必要ですね。生活を見直して、コツコツと治していこうと思います。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ、秋田の山で薬草を採りながら育つ。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。

関連ニュース