記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】千葉県南房総市千倉温泉「矢原荘」と豪華海鮮三昧

 千葉県南房総市千倉温泉「矢原荘」の茶色と緑が混ざったような色合いの温泉は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩冷鉱泉。17.9度の源泉をかけ流しで注ぎ込み、湯船の中で加温循環しているが、消毒を感じさせないここちの良い湯だ。

 pH8.7のアルカリの湯は女性に人気の美肌温泉。冷たい源泉を手おけにくんで浴びれば、手つかずの新鮮源泉上がり湯が楽しめるからお試しあれ。

 房総半島の先端に位置する千倉は岩場が多く豊かな漁場に恵まれているからだろう、この宿の海鮮三昧の食事がすごい。金目鯛、ソウダカツオ、鰆のタタキ、メダイ、アワビなどの舟盛りを中心に、伊勢エビ改め「房州海老」のお造りや鬼殻焼き、サザエの壺焼きなど。野菜も米も地元産にこだわるこのプランが「旅館リーズナブルプラン」とは驚きだ。

 ほかに「民宿リーズナブルプラン」や「民宿舟盛りプラン」など魚介類だけで満腹必至。朝食に提供される香ばしいアジの干物、太いヒジキ、房州海老のミソがタップリ入った味噌汁も、南房総の醍醐(だいご)味だ。(一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■千倉温泉「矢原荘」 千葉県南房総市千倉町瀬戸3291(0470・44・1761)。平日2人1室1泊2食(旅館リーズナブルプラン)1万2960円から。詳細はWEBで。

関連ニュース