記事詳細

【ぴいぷる】女性初!バックギャモン世界選手権2回優勝・矢澤亜希子さん 長所は「自分を俯瞰できること」 (1/3ページ)

 ■紅海で深みにハマる

 世界最強の女王はこの夏、モンテカルロで行われた「第43回バックギャモン世界選手権」で、2014年に続く優勝を果たした。女性としても日本人としても、2度目は初の快挙だ。

 「8戦全勝で決めました。大会の直前にテレビ(テレビ朝日系『激レアさんを連れてきた』)に出演して紹介されたおかげかな。モチベーションが高まって、プレーの精度がより上がりました」

 バックギャモンは、世界で3億人以上が親しんでいるボードゲーム。サイコロ2つを振り、15個の持ち駒でゴールを目指す“西洋すごろく”だ。一見単純に見えても、“相手の駒が2個以上あるマスには進めない”“相手の駒が1個あるマスに進むと相手の駒がふり出しに戻る”などのルールが、様々な戦略を生む。

 ゲームに魅入られたのは大学生のとき。「当時はスキューバダイビングにはまっていて、世界7つの海を制覇してみたいと紅海に行ったとき、出合いました。古代エジプトで発祥したゲームなんです。簡単なルールだからすぐに勝てたけど、うまくいかなかったり、分からないことがあるとモヤっとして、そこからは徹底的に追究しちゃう性格が出てしまって…」

 中東ではお茶を飲みながらの社交ツールとして楽しまれているが、いったんやり始めれば徹夜も上等。のめり込む生活が始まった。プロ相手の大会に初挑戦したのは2003年ラスベガス。「初級クラスに出たら、みんながすごく弱く感じて。それなのに決勝では不運が続いて、負けてしまった。悔しかったなぁ」

関連ニュース