記事詳細

【薬ものがたり】体力低下やストレスで眠れない人に 心と体を整える「ユクリズム」

★「ユクリズム」(ロート製薬)

 季節の変わり目で体力が低下気味なのに加え、決算期の仕事でイライラして眠れない。そんな体力の低下とストレスなどで眠れないときに、支持されているのが「ユクリズム」(第2類医薬品)である。ニンジンやビャクジュツ、オンジなど14種類の生薬による加味帰脾湯(かみきひとう)エキスを配合した漢方薬だ。

 「心身が疲れていても眠れないと悩まれている方に、心と体を整えていただくため2016年に発売しました。中高年の方に予想以上の反響を得ています。パッケージがわかりやすいのも、支持されている理由だと思っています」(ロート製薬)

 加味帰脾湯などの漢方処方は昔から使用されているが、表記だけでは何に効果があるのかわかりにくい。ロート製薬では、06年に「和漢箋(わかんせん)」という漢方薬シリーズのブランドを立ち上げた。どのような症状に効果のある漢方薬なのか、わかりやすいパッケージ表示で消費者に浸透した。そのひとつとして「ユクリズム」を発売し、売り上げを伸ばしている。

 「ユクリズムは、168錠の紙箱とは別に、3日分の36錠のパウチも発売しています。寝つきが悪いときにパウチを活用されている方もいます。症状に合わせて薬を上手に活用していただければと思います」(同)

 ぐっすり眠って体力を回復する方法として、活用するのも一考。

関連ニュース