記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】大分の「とり天」がうまいワケ 発祥店で味わう“やさしさ” (1/2ページ)

★絶品必食編

 鶏食王国・大分のから揚げを前回、ご紹介したが、「大分の鶏」と言えば「とり天」も忘れてはならない。

 衣の食感がから揚げよりやさしいあたりは、「とり天」の名の通り天ぷら風。だが下味はついている。意識しないと脳内で「から揚げ?」と変換してしまいそうになる。あくまでこれは「とり天」だ。

 その発祥店として知られるのが、別府市内にある「東洋軒」。1926(大正15)年の創業以来、長く大分を代表する老舗レストランである。地元民も観光客も「大分のとり天」と言えば、この店のものを想起する人は多い。

 国産の鶏もも肉は皮を取りさり、拍子木状にそぎ切りにする。

 細長く成型された肉にしょうゆとにんにく、ごま油で下味をつけ、衣をつけて揚げる。

 白い皿にまるで「ジェンガ」(積木くずしゲーム)のようにざんぐりと盛られた「とり天」。一瞬、量に気押されそうにも思えるが、その下味は絶妙に軽い。

 噛めば卵入りのさくふわっとした衣の内から肉汁がチュッとしみ出し、ほのかににんにくが香る。その食感は軽く、そしてうまい。

 ああ、これはビールだ。

関連ニュース