記事詳細

【美人薬剤師 そっと教える回春術】今年は豊漁! サンマを食べればED予防と夫婦円満の一石二鳥 (1/2ページ)

 まだまだ残暑は続きますが、夜になるとなんとなく秋の気配が感じられる日もありますね。秋といえばサンマ(秋刀魚)。昨年は記録的な不漁で高値でしたが、今年は豊漁が続きそうです。全国有数の漁獲量で知られる宮城県女川港で、28日朝から水揚げが始まりました。昨年より3週間早まったそうで、サンマの量は水産庁の調べによると昨年より2・4倍になると予想されています。安く、気軽に食べられそうですね。

 サンマはおいしいだけでなく、健康に役立つ上に、男性のED予防にも良い食材なんですよ。

 サンマの主な栄養素は貧血予防に効果のある鉄分、目や皮膚の粘膜を健康に保つビタミンA、骨や歯の健康を保つカルシウム、末梢神経障害を改善するビタミンB12が含まれている上、EPA(エイコサペント酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)の効用が有名です。

 EPAは血液をサラサラにし、血栓予防や動脈硬化予防、さらには勃起力も改善が期待できます。DHAは脳を活性化する効果やうつなどの気分障害を改善する効果があります。

 焼いたサンマに大根おろしとカボスやレモンが添えられていますね。大根おろしの苦味成分とカボスやレモンの酸味でサンマが、よりおいしくなるのはもちろんですが、実はこれには納得の理由があるんです。

関連ニュース