記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】美味しすぎて危険!? “鶏食王国”大分の「骨なし唐揚げ」 (1/2ページ)

★絶品必食編

 九州は鶏肉の消費が多いエリアとしても知られるが、とりわけ大分は「鶏食王国」と言われるほど、鶏食文化が根づいている。その象徴とも言えるのが、宇佐や中津にある「から揚げ」専門店である。

 「専門店発祥の地」とも言われる宇佐市の専門店に飛び込むと、店頭には注文に迷うほどのメニュー数がある。

 「ぶつ切り(骨付き)」「砂ずり(砂肝)」「手羽先」などが定番だが、やはり人気は老若男女、誰にとっても食べやすい「骨なしもも」。

 味のベースはしょうゆでショウガやにんにく入りの食べ進む味わい。もっともその甘さや濃さはやさしい。気づけば量を食べてしまうという意味では危険でもあるが、揚げ物なのに思いのほかしつこくない。

 そして宇佐のから揚げは量り売りの持ち帰りが基本スタイル。「骨なし400、砂ずり200!」なんて注文すると、紙袋にザザーッと入れてくれる。

 持ち帰り中心の宇佐から揚げにとって、この紙袋が果たす役割は大きい。

 温かいから揚げをパックに入れると水蒸気で衣がベッタリしてしまったりもするが、紙袋なら適度に蒸気が逃げるので衣のパリッとした食感も残りやすい。

 しかも冷めにくく、持ち帰る間に適度に油も切れる。ここまででも“一石三鳥”の超便利なパッケージなのだが、実はこの紙袋、持ち帰った後にも役に立つ。

関連ニュース