記事詳細

【PNN】貯めて貯めて大量出玉…超気持ちいい~♥ 「CRフィーバーアクエリオンW」

★「CRフィーバーアクエリオンW」(SANKYO)

 SANKYOから、また新たなスター候補生がデビューした。今週から設置が始まった「CRフィーバーアクエリオンW」は、同社が得意とするアニメとのタイアップ機だ。通常時はハートアイコンを集める「LOVEチャージシステム」待ちのゲーム性というところもわかりやすい。パチンコファンにはおなじみの楽曲も耳に残る。昨年から大ブレーク中の「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」に続くヒットの予感が漂う。

 ■真打ち登場

 アナ 今年のパチンコのここまでの話題といえば「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」の大ブレークですね。

 解説委員 今はさすがに落ち着いたが、すさまじい勢いだったな。ちょうど1年前の導入開始時の販売台数は約4200台。それが再販に次ぐ再販で、約10倍の約43000台にまで伸びた。これは非常に珍しい現象だ。

 アナ 何がそこまでファンを引きつけたのでしょうか。

 解説委員 スペックもゲーム性も特徴的とはいえ、ここまでヒットしたのはやっぱり演出が面白いからだろう。もともとSANKYOはアニメタイアップ機に強い。「機動戦士ガンダム」を筆頭に「機動戦艦ナデシコ」「マクロスフロンティア」「モーレツ宇宙海賊」など定期的にヒット機種を出しているからな。

 アナ そんな中、またしても有力なタイトル「CRフィーバーアクエリオンW」が登場しました。

 ■ダブル要素

 解説委員 そもそもその流れの源流は11年前に出て大ヒットした初代「CRフィーバー創聖のアクエリオン」だからな。ちなみに機種名の「W」は「ダブル」。「EVOL」と「創聖」の2つのコンテンツ、2体の巨大ロボットギミック、選べる確変中の2つのモード、図柄が2ラインでそろえば16ラウンドなど、ダブルの要素がいくつもある。

 アナ 演出面ではどんな特徴がありますか。

 解説委員 一言で言うなら「貯める」ゲーム性、ということかな。通常時はハートアイコンを集める「LOVEチャージシステム」が核になっている。ハートは最大6個まで貯まる可能性があって、もちろん数が多いほど大当たりに期待できる。確変の「EVOLモード」中は最大3機までストックする「ベクター」が重要で、こちらも数が多いほど期待できる仕組みだ。

 アナ 大当たり確定の時の音も新しいと感じました。

 解説委員 アクエリオンにはパチンコファンなら思わず口ずさんでしまう曲が何曲かあるが、それがそのまま大当たり確定を告げるサウンドになった。確かにこれは今までにないな。

 アナ 巨大ギミックといい、この確定音といい、クセになる要素が多そうですね。「シンフォギア」に続いて、今年は「アクエリオン」が旋風を巻き起こすかもしれませんね。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴 確変継続率65%のオーソドックスな確変ループタイプ。通常時の通常大当たり後は時短50回、電サポ中の通常大当たり後は時短100回。電サポ中の大当たりは40%が約2400個払い出しの大当たりとなる。お盆明けから登場する「新基準機」は払い出し個数が最大でも1500個となるため、この大量出玉は魅力的だ。