記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「涼」》猛暑で、遊び場がない! (1/2ページ)

 連日の猛暑を受け、子育て世帯を悩ます問題が浮上している。「遊び場の確保」だ。日中、長時間、外で遊ぶのは危険だし、公園の遊具は熱くて触れないほど。夏休みのプールを一部中止する学校も出ていて、友人は毎年恒例だった海水浴を取りやめた。

 地域にある児童館や図書館を利用しても、1日中高い気温が続くとなれば、遊び場は自宅中心になりがちだ。商業施設で過ごすのも一つの手だが、子供向けエリアはゲーム機の類が多くて好きになれない。

 健康的に体を動かすことのできる屋内の遊び場がもっとほしい! そんな矢先、近くに民間企業が運営する話題の遊技施設があると知り、早速出かけてみることにした。

 施設は個性的な大型遊具のほか、ごっこ遊びや組み立て遊びができるゾーンなどもあって、結構広い。子供の遊び場づくりを各地で展開する企業姿勢にも共感した。

 電車も使って約1時間。道すがら子供にはこまめに麦茶を飲ませ、汗を拭き、屋外は「暑いから」と抱きかかえて移動。施設内は大混雑していたが、子供は大喜びで遊び始め「連れてきたかいがあった」と達成感を抱いた。

 だがすぐに「まずい」と感じた。思えば、ここに来るまで子供に気をとられ、ほとんど水分補給をしてこなかった。移動中、前兆のあった頭痛はいよいよひどくなり、足にはしびれも出てきた。