記事詳細

【厳選ぐるめナビ】地元で愛され続けてきた名店「日本料理 男爵亭」 東京・調布

 調布銀座の入り口に店を構えて50年の老舗。開店当初から一流の板前を雇い、本格日本料理を庶民価格で提供し、地元で愛され続けてきた名店である。

 店名は“ここに来たら男爵になった気分で楽しんでほしい”との意で命名された。と語るのは女将(おかみ)の斉藤千代さん。

 常連はもちろんのこと、同店で結納を挙げた夫婦に子供ができれば家族ぐるみのお付き合い、孫も含めて三世代にわたるおなじみさんもいるなど、まさに“調布のお母さん”。だが、お店の50周年を機に、恐らくは今年限りで引退する意向だというから、ぜひともその前に足を運んでいただきたい。

 おすすめは電話番号の語呂合わせにもなっているオサシミ(0343)。大船渡港または三宅島から直送の鮮魚の刺し身「おまかせ3点盛」は1280円。本格日本料理に交じって「男爵コロッケ」(2個600円サラダ付き)や「ごぼうチップス」(590円)といった手軽なつまみも人気。国産牛のすきやきやしゃぶしゃぶ、三河産うなぎなどもあって、とにかくメニューが幅広い。

 席数150の大型店だから多人数の宴会も可。電車に乗ってでも行く価値はある。

 ■東京都調布市小島町1の34の22 (電)042・488・0343。営業11・45~14、16・30~22・30(日祝16・30~22)。不定休。