記事詳細

【外食・コンビニ健康法】タンパク質源でビタミンD豊富!免疫力も高める「さばの塩焼」 (1/2ページ)

 7月に入り暑い日が増えてきました。この時期に意識したいことは、暑さへの順応です。梅雨が明け、晴れの日が続くようになると、一気に外気温が上がります。

 この暑さにカラダが順応していないと、食欲が落ち、体調が整わないなどの不調が出てきてしまいます。不調は、免疫力を下げます。そうすると風邪をひいてしまったり、疲労感が抜けないまま、日々のパフォーマンスが下がっていき、その結果つらい夏を過ごすことになります。

 暑さに順応するためには免疫力を高めることが大切です。冷房をガンガンかけ、カラダを冷やしたり、急に炎天下に出て暑い中を歩き回ることは自律神経のバランスを崩すのでオススメできません。

 自律神経は、内臓や血流などをつかさどり、体内の環境を整える働きがあります。逆に、内臓の調子が整うような食生活を意識することは、自律神経を整えることへつながると考えられます。大切なのは、腸内環境を整えることです。腸内環境を整えるには、発酵食品などの乳酸菌、そして乳酸菌の餌となる食物繊維を意識的に摂取することが大切です。腸内環境を整えることで、自律神経も免疫力も高めることができるわけです。

 免疫力を高めるには、そのほかに良質なタンパク質を摂り、食事誘導性熱産生により、体の温度を上げることも大切です。ビタミンDを摂取することで、免疫が高まることもわかってきています。

 コンビニで、免疫を高めるのに良さそうなものを探していたときに『さばの塩焼』(セブン-イレブンで税込み280円で購入)を見つけました。

 魚は調理するのに手間がかかり、自分で料理するのはハードルが高いと思っている方が多いですが、調理済みの焼きサバであれば、手軽に食べることができます。魚は良質なタンパク質源で、ビタミンDが豊富なので免疫力を意識するにはオススメの食材です。そのほか、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの油による脳への働きも期待できます。

関連ニュース