記事詳細

【今からトレーニング】ポッコリ、だらり…どんなお腹でも効く腹筋運動 ポロシャツが似合う体形になるトレーニング

★ポロシャツが似合う体形になる(3)

 薄着の季節はとくに体形が気になる。そこで、ポロシャツやスーツが似合う体形になるためのトレーニングを理学療法士でパーソナルトレーナーの鈴木将尊さんから教わる。今回は前回の続きの腹筋2種類だ。

 「ポロシャツやスーツだけでなく、どんな格好でもお腹が出ていたら台無しです。前回に続き、今回も2種類の腹筋をやりますので、この4つを毎日続けましょう。ポッコリ丸いお腹、ベルトの上にだらりと乗るお腹など、どんなお腹でも一通りやることで腹筋の全部位に刺激が入るので効きます」と鈴木さん。

 お腹が出るのは年齢のせいと諦めずにやってみよう。

 <下腹部刺激その1=腹直筋と腸腰筋>

 あおむけに寝る。寝た状態からゆっくり体を起こして、両膝の後ろで両手をタッチして戻す=写真(1)。この「両手をタッチして、戻す」という動きをテンポよくリズミカルに行う。10回から20回。

 「腹筋の上下にある腹直筋と腸腰筋に効きます。腸腰筋は足の付け根のインナーマッスル。ここをトレーニングすると内臓を持ち上げます。下腹部だけだらんと出ている人はインナーマッスルが足りていません。胃下垂の人や、食後に少し動いただけで気持ち悪くなる人は腸腰筋が弱いのです」

 <下腹部刺激その2=腹直筋と腸腰筋>

 あおむけに寝る。寝転んだ状態で、両足を付けたまま上下する=同(2)。上げたときは60度から90度の間、下ろしたときは床から10センチくらい浮いた位置。これを15回。

 「前回も今回も目標回数がありますが、4つの腹筋を一通りこなすことが大事なので、回数を減らしてでも4種を毎日やりましょう」(鈴木さん)

 とにかく「腹筋を毎日やる」ことが大切。次回は足をカッコよく引き締める。(松本佳代子)