記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】『いい肉』『いい酒』『いい雰囲気』 三拍子そろった新宿東口の肉割烹「コケモモ」 (1/2ページ)

★絶品必食編

 「世界一のグルメ都市」と言われる東京でも、町ごとに飲食店のジャンルの得手不得手はある。

 例えば、新宿なら歌舞伎町に象徴されるような猥雑な雰囲気の飲み屋には事欠かないが、万人を連れていける、感じが良くいい肉を出す手頃な店選びは思いのほか難しい。「デート」「会食」など用途が限定されていたりすればなおさらだ。

 だが、探せばあるものだ。新宿でも「いい肉」「いい酒」「いい雰囲気」という三拍子そろった店が。それも駅からほど近い東口マルイ本館の裏手、雑居ビルの4Fにひっそりとある。

 店の名前は「コケモモ」。内装はスナックやバーの居抜きそのものだが、侮ってはいけない。

 提供されるのは「肉割烹」とも言うべきコース仕立て料理の数々。料理のみでおよそ3500~4000円程度(コース内容は予算に応じて相談に乗ってくれる)。

 そこには数種の前菜盛り合わせ、和牛のグリルや薄切り肉のだししゃぶなど数種の皿が盛り込まれる。

 肉は米沢牛や蔵王牛といった山形の県産牛。合わせる日本酒も山形県の日本酒が中心で「くどき上手」や「惣邑」など数十種が取り揃えられている。

 出色なのはメーン料理となる和牛のグリルの提供方法。

関連ニュース