記事詳細

【今からトレーニング】ポロシャツが似合う体形になるトレーニング 胸を鍛える腕立て伏せ3+1種

★ポロシャツが似合う体形になる(1)

 クールビズのオフィスではポロシャツがオフィス着になることも多い。今回から、ポロシャツやスーツが似合う体形になるためのトレーニングを教わる。教えてくれるのは理学療法士でパーソナルトレーナーの鈴木将尊さんだ。

 「ポロシャツをカッコよく着るためには胸板の厚さが必要。今回は胸のトレーニングを覚えましょう」(鈴木さん)。厚い胸板のための腕立て伏せ3種と、さらに上級者向けの1種を教わる。

 <スタンダードな腕立て伏せ=大胸筋>

 手は「ハの字」の向きで、肩幅より少し広く開いて着く。そして、左右の手の親指と親指を結んだ線上に乳首を下ろす感じで体を下げる。目線は斜め45度下=写真(1)。10回3セットを目標に、できるところまで。「1セット目で少し疲れて、2セット目で慣れて、3セット目で追い込む、という流れです」

 <幅を狭く=上腕三頭筋>

 脇を閉じて、前記「スタンダード」と同じ要領で行う=同(2)。5回3セット。「半袖から腕が出たときにムキっとしている方がカッコいいので頑張りましょう」

 <手を上下にずらす=胸の上部と下部>

 「スタンダード」の形で手のひらを上下に1つ分ずらして行う=同(3)。次に左右の手の位置を入れ替える。左右5回ずつ2~3セット。「これは難しい。つらければ、ひざを床につけて行いましょう」

 <上級者向け=大胸筋>

 「スタンダード」とやり方と回数は同じだが、足を椅子や台に乗せて行う=同(4)。「足を高くすることで負荷が強くなり難易度が上がります。前述の3種をやってから追加します。大胸筋をより大きくするのに効果的です」

 次回は、おなか周りのトレーニングだ。(松本佳代子)

zakzakの最新情報を受け取ろう