記事詳細

【外食・コンビニ健康法】デブ菌、ヤセ菌…おむすびで腸内環境を整える『スーパー大麦バーリーマックス入り 枝豆こんぶ』 (1/2ページ)

 ゴールデンウイークも終わり、職場環境も落ち着いてくる頃です。この時期から、意識しておきたいのがランチの選び方です。夏に向けて、体を整えるタイミングなのです。

 最近、「腸内環境を整える」ことが注目されています。腸内環境に「お通じがよくなる」働きがあることは、昔からいわれてきました。

 次に、免疫力に関わる細胞の約7割近くが腸に存在していることが脚光を浴びました。腸内環境は、「免疫力を高める」効果もあるのです。

 さらに、注目されているのは、腸内の「デブ菌」と「ヤセ菌」のバランスです。デブ菌が多いと太りやすく、ヤセ菌が多いとやせやすいといわれます。

 腸内には、大きくわけて善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌の3種類の菌があり、この中で一番多いのが日和見菌です。日和見菌には、「デブ菌」といわれる「フィルミクテス門」という種類の菌と、「ヤセ菌」といわれる「バクロイデス門」という菌があります。

 フィルミクテス門が増えることで、腸内環境は、悪玉優位に働き、代謝は悪くなり、肥満になりやすいということがわかってきました。

 また、善玉菌を優位にすることで、短鎖脂肪酸が増え、代謝が高まり、よりやせやすいカラダを作るといわれています。

 そんな腸内環境を整える効果がありそうな、おむすびをファミリーマートで発見しました。『スーパー大麦バーリーマックス入り 枝豆こんぶ』(税込み118円)です。

zakzakの最新情報を受け取ろう