記事詳細

【命を奪う心不全を防ぐ!】大動脈弁狭窄症 高齢者に手術の道開いた最新治療 (1/2ページ)

★(3)

 心臓には4つの部屋があり、その境には血液が逆流しないように4つの弁がついている。このうち、左心房と左心室の間にある僧帽弁と、左心室と大動脈の間にある大動脈弁が悪くなる「弁膜症」が増えている。

 弁膜症には、弁の閉じ方が不完全で血液が逆流してしまう「閉鎖不全」と、弁の開きが悪くなり血液を送り出すのに余分な力がいる「狭窄」がある。そのうち増えているのが「大動脈弁狭窄症」と「僧帽弁閉鎖不全症」だ。今回は大動脈弁狭窄症の治療法を説明する。

 病気の原因は、本来3枚ある弁が生まれつき2枚であるため(先天性2尖弁)や、子供の頃に感染するリウマチ熱によるもの、そして何と言っても多いのが加齢により弁が硬くなることだ。弁を取って人工のものと入れ替える外科的治療が根本治療となる。大動脈弁狭窄症の外科的治療には、「大動脈弁置換術」と「経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)」の2つがある。

 前者は胸の真ん中を縦に開いて胸骨を切る、標準的な治療だ。切開部分が大きく骨も切り、心肺を止めて行う手術なので、体力のない高齢者はできないことも多かったが、東京ベイ・浦安市川医療センター、ハートセンター長の渡辺弘之医師は、「治療の選択肢、可能性を広げたのがTAVIと低侵襲心臓手術(MICS)だ」と話す。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース