記事詳細

【どこまで分かる その検査】がん発症してる人を見つける「がん探知犬」 嗅覚は人間の1億倍で精度ほぼ100% (2/2ページ)

 また、日本医科大学千葉北総病院が16年に発表した研究では、5人の尿から1人のがん患者を見つける実験を334回したところ、探知犬の的中率は99・7%(333回)だったという。

 そんなに嗅覚がすごいのなら、呼気採取前の喫煙、飲酒、食事(ニンニクなど)などに制約があるかと思えば、まったく関係なく、がんのニオイをかぎ分けることができるという。ただし、がんの既往歴があり、完治後1年以内は体内にがんのニオイが残るので正確な判定ができない。

 利用者は、多忙な人、生検を勧められた人、がんの再発を心配する人、妊婦などが多いという。医師の診断に代わるものや補充するものではないが、がんの可能性を探る1つの目安にはなる。(新井貴)

 【かかる費用は?】がん判定キット1回分、3万8000円(税込)で、カード決済か口座振込。医療機関でも全国で5~6施設が導入している。

関連ニュース