記事詳細

【ロト6 どんピシャ予想】青球数字の攻勢が決め手 本命数字は「20、36、39」

 1等2億円超が9口も出たGW抽せんを経ての第1275回抽せんは1等1口で2億円となった。当然のごとく1等2億円の翌回に出た数字を狙うことになるが、平均化しつつある過去の通算データより、偏りの大きい理論値アップ後、昨年2月以降のデータから絞るのが得策だろう。1位は「20」と「36」の2つで、とくに「36」は該当する直近2回でともに出ている成長株。一方の「20」は前回出た「19、21」に挟まれたカンチャン数字でともに出る下地は十分。本命数字に。3つめは3位タイの「15、22、33、39」の4つから、前回「40、41」の隣に位置する「39」を選ぶ。

 もう1つのファクターとして、ちょっとひねるが前回出た抽せん数字の抽せん球の色を挙げたい。

 いずれも7の倍数「7、21、28」の3数字は球色も青と同じだったのだが、青球は第1270回~1273回とまったく出ず、前々回で2個、前回で3個と上り調子。これは次回も青球が多発するとみた。次回の使用セット球は2カ月使われていないEセットがほぼ確実。青球の数字は「1、8、15、22、29、36、43」の7数字だ。「36」はすでに本命に挙げている。このうち前述した3位タイ数字とかぶるのが「15、22」、前回出た数字の隣なのが「8、22、29」。両方に共通する「22」はすんなり対抗数字、残る「8、15、29」は単穴数字とする。対抗数字のあと2つは、連発および3連発後の1回空きで「18、37」の2つ。注数字は第1272回から「4」の準連発→「3」の準連発と来ての「2」、準連発から1回空いての「34」、第1272回「32」→前々回「31」から1回空きマイナス1で「30」。(ロト研究家・石清水昌彰)

 ■有力数字
 ◎20 36 39
 ○18 22 37
 ▲8 15 29
 ×2 30 34 

 ■第1274回の当せん番号
 本数字 3 15 18 23 31 37
 ボ数字 34
 1等当せん金額(9口) 206,748,000円
 キャリーオーバー 0円

 ■第1275回の当せん番号
 本数字 7 19 21 28 40 41
 ボ数字 3
 1等当せん金額(1口) 2億円
 キャリーオーバー 45,432,652円

zakzakの最新情報を受け取ろう