記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】あの番組に登場! 五反田「とだか」の「牛ご飯」で最高の丼体験を (1/2ページ)

 最近、東京都内には肉メニューを看板とした予約の取りづらい「超人気飲食店」が増えている。

 ただし競争相手が多く、飲食店のレベルも高い東京において短期間でスターダムに駆け上がる店は決して多くない。その稀有な例が五反田の「食堂とだか」だ。

 わずか5坪という狭小な店舗は、むしろ現在のトレンドを踏襲している。

 人気ブログに取り上げられたことで人気に着火。あっという間に人気店になり、その後、テレビ番組「孤独のグルメ」にも登場したことで、ますます人気は過熱していった。

 その「とだか」の看板メニューが「牛ご飯」。迷いがちだが読みは「うしごはん」。

 真ん中の「ご」を抜けば「牛飯」となるが、提供されるのはそのイメージとはかけ離れたあまりに豪華な丼だ。

 サシの入った黒毛和牛のロース肉をすき焼きの割り下にも似た焼肉のタレで焼く。少しだけ温まったレアな肉を丼に盛ったご飯の上に折りたたむように盛る。半熟の味つけ玉子を添え、天におろしわさびと小ねぎを散らす。

 黒毛和牛のサシはフライパンとご飯の上で温められ、とろけるような食感に変貌する。そこに甘辛いタレとともに半熟煮玉子の卵黄がとろとろとからむ。

 ああ、なんと幸せな丼体験だろうか。酒のつまみとしてちびちびとやるのもいい。もちろん、丼としてごはんとともにかっこめば最高の満足感が手に入る。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース