記事詳細

【中原英臣 あの医療情報 ウソ?ホント!】増加している胃食道逆流症、予防には低脂肪食がお勧め

 最近、増えている病気に胃食道逆流症があります。胃食道逆流症というのは、簡単にいうと胃から食道へ胃酸が逆流する病気のことで、成人の10~20%に発生するといわれている病気です。症状は胸焼けや慢性の咳などで、ひどくなると食道潰瘍から吐血をすることもあります。

 胃酸の主成分は非常に強い酸である塩酸です。胃と食道の間には括約筋があり、この括約筋が横隔膜と協力して蓋のような働きをしています。胃食道逆流のない健康な人の括約筋は普段はしっかり閉まっています。

 この括約筋と横隔膜で構成された蓋は、嚥下時には開いて食べ物を通過させます。胃の内圧が上がりすぎると蓋が開いてげっぷがでます。この蓋の働きが低下すると胃酸が食道に逆流することになります。

 食道は中性ですから食道の粘膜は胃粘膜と違い、強い胃酸に対する防御機能がありません。その食道に胃から胃酸が逆流することにより、食道の粘膜を刺激することで起きるのが逆流性食道炎です。

 予防法としては胃酸の分泌を抑える低脂肪食がお勧めです。また、胃酸の分泌を促進する甘いもの、刺激の強いもの、アルコールは避けた方がいいでしょう。食後すぐに横にならないことやベルトやコルセットを締めすぎないこと、重いものを持たないことも大切です。さらに肥満を解消することも予防になります。

 胸焼けやけがする、食後に胃もたれがする、ものを飲み込むとつかえる、胃酸が上がってくることがある、ゲップがよくでるといった症状があるときは胃食道逆流症の疑いがありますから、専門医の診察を受けて下さい。

 最近はプロトンポンプ阻害剤やH2ブロッカーなどといった胃酸の分泌を抑えるクスリが胃食道逆流症に効果があるといわれています。(山野医療専門学校副校長・中原英臣)