記事詳細

【栗原毅 サプリで認知症予防&健康長寿】「オサカナスキヤネ食」でサラサラ血液 毎日食事に取り入れたい8品目 (1/2ページ)

 「人は血管から老いる」といわれます。中を流れる血液の状態が極めて大切になってきます。

 われわれは、「MC-FAN(エムシーファン)」という装置を使って、毛細血管と同じ太さの通路に血液を流したときの通過状態を観察してきました。全身の毛細血管を1本につなぐと、長さは9万キロ。地球を2周半できる距離です。

 血液は体の隅々の細胞に酸素や栄養を運び、かわりに二酸化炭素や老廃物を受け取ります。文字通り「髪の毛より細い」毛細血管は、人が生きていくうえで、動脈や静脈などの太い血管以上に大切です。

 健康の基本である「サラサラ血液」は、赤血球・白血球・血小板の状態がよい血液です。残念なことに、何らかの原因で「ドロドロ血液」になっている方が多いのが現実。「脂肪肝」「脂質異常症」「糖尿病」のみならず、ストレスやタバコ、アルコールの過飲、不規則な生活によっても「ドロドロ血液」になってしまいます。

 まず、食生活の見直しが基本です。「バランスのよい食事」といいますが、結構難しいもの。そこで、血液の流れをよくする「オサカナスキヤネ食」を提案したいと思います。そう、「お魚、好きやね!」です。できれば毎日、食事に取り入れたい食べ物8品目です。