記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】死者まで出した“明治の肉食奨励” 修験行者集団皇居に乱入「国土が穢れた」 (2/2ページ)

 ちなみに老舗すき焼き店の「人形町今半」は、明治天皇が初めて牛肉を口にしたとされる1月24日を「牛肉の日」として、毎年すき焼きやステーキを食べ放題とするサービスを全店舗で行っている。

 予約開始日にはつながらなくなるほどの電話が殺到し、仲居さんも「間違いなく1年で一番忙しい日」と苦笑するほどだ。

 明治から150年。まさに隔世の感がある、肉食の浸透ぶりである。

 ■松浦達也(まつうら・たつや) 編集者/ライター。レシピから外食まで肉事情に詳しく、専門誌での執筆やテレビなどで活躍。「大人の肉ドリル」に続く新著「新しい卵ドリル」が好評発売中。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース