記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】血液サラサラにする成分がたっぷり「にら醤」

 記録的な寒波の影響で、毎日「ど寒い」(←遠州地方の方言です)日々が続いています。そんな時こそ、体を芯から温める食生活を心掛けたいもの。今回は、そのまま食べてもおいしく、さまざまな料理と組み合わせてもOKの手作り調味料・醤(ジャン)をご紹介します。ショウガやニンニク、唐辛子といった香味野菜も調合していますので、体がポカポカになりますよ。

 主役となるのは、これからの季節、特においしくなるニラ。古来より薬草として使われていたほど栄養価が高く、体を温める作用は野菜の中でもトップクラスといわれています。血液をサラサラにしてくれるビタミンEやアリシンと呼ばれる成分がたっぷり含まれており、βカロテンも豊富なので強い抗酸化作用にも期待。冷え性や貧血で悩んでいる方は、ぜひニラをたくさん摂取してみてください。

 ソテーした肉料理や空揚げ、温野菜や生野菜に適量かけると最高です。もちろん超簡単にできますので、ぜひ今晩、ご自宅で試してみてください。

 【材料】
 にら 1束
 長ねぎ 1本
 [A]
 しょうが(みじん切り)  30グラム
 にんにく(みじん切り)  3片
 酒 大さじ2
 みりん 大さじ3
 黒酢 70ミリリットル
 しょうゆ 50ミリリットル
 ごま油 50ミリリットル
 一味唐辛子 小さじ1

 【作り方】
 1 長ねぎはみじん切り、にらは5ミリ幅に切る。
 2 [A]を鍋に入れて中火で沸騰したら火を止めて1を加え混ぜる。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。