記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】牛肉に執着した“烈公”徳川斉昭、肉由来のバイタリティーで58歳まで子作り (1/2ページ)

 前回、十五代将軍の徳川慶喜が薩摩藩の小松帯刀に豚肉を送るようたびたび要求したという話を紹介したが、実は慶喜の実父、水戸藩九代藩主の徳川斉昭も希代の肉好き。同様のエピソードがある。

 江戸時代はまだ表向き、肉食が禁止されていたが、彦根藩だけは牛肉の生産が許可されていた。そこで特産品の牛肉の味噌漬けを諸侯に贈っていたのだ。

 ところがその後、彦根藩の家督を継いだ井伊直弼は、仏教に傾倒。しきたりを反故にし、牛も贈らなくなった。

 斉昭は9女の八代姫の輿(こし)入れに際して、乳牛を伴わせたと言われるほどの肉食一家の主。彦根藩から牛肉が贈られてこなくなり、斉昭は彦根藩へ牛肉を贈るよう、たびたび書状を送ったという。

 以下、明治26(1893)年に匿名の元水戸藩士が書いたという「水戸藩党争始末」から抜粋・意訳する。

 「牛肉が贈られてこない。毎年楽しみにしているのだから送ってくれ。『牛の殺生を禁じた』と言うけれど、これまでも送ってもらったし、彦根の牛肉は格別。せめて私たちだけは特別扱いしてくれないか」

 頼み込む徳川斉昭を「国禁ゆえ」とソデにし続ける井伊直弼。ここで斉昭の恨みを買ったことが、直弼が殺害される桜田門外の変につながるという異聞もある。

 逸話はまだある。斉昭は計36人の子を産ませた“豪の者”。大奥にいた京都の公家出身の唐橋という美女にも手をつけた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース