記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】入浴後、血流量が通常時の7倍に!? 島根県飯南町「頓原天然炭酸温泉 ラムネ銀泉」と「ミセス・ロビンフツド」の飯南野菜

★島根県飯南町「頓原天然炭酸温泉 ラムネ銀泉」と「ミセス・ロビンフツド」の飯南野菜

 島根県飯南町は、広島との県境の高原にある県内有数の豪雪地帯。「頓原(とんばら)天然炭酸温泉 ラムネ銀泉」の源泉名は頓原温泉。泉質は含二酸化炭飯南町素-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉で、源泉温度は14.6度と低いが、成分総量は1キログラム中3.28グラムと濃厚な、希少価値の高い日本有数の炭酸泉。

 入浴後の血流量は通常時の7倍も増加するといわれ、血管の拡張作用があり動脈硬化症の予防に効果が高い。さっぱり感がありながらも良く温まる不思議な日帰り温泉だ。

 地元で大人気の「ミセス・ロビンフッド」((電)0854・76・9277)は、素材へのこだわりが強い薬膳レストラン。飯南野菜をつかった本日のランチ(1250円)のサラダは、レタス、サニーレタス、小松菜、水菜、からし菜、わさび菜、アイスプラント、クレソン、サラダニンジン、大根、サトイモ、パンダ豆(白黒なのでシャチ豆とも)がたっぷり。

 奥出雲和牛としまねポークの合挽肉を使ったメンチカツは、ジューシーでコク深く、ほんのりとした甘味が特徴。隠し味に干したナツメを使っているそうだ。(一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■「頓原天然炭酸温泉 ラムネ銀泉」 島根県飯石郡飯南町頓原1070 (電)0854・72・0880。大人500円。営業時間11~22時。木曜日定休。詳細はWEBで。