記事詳細

【健康誌イチオシ特報】日本人の糖尿病増、原因に「座りすぎ」 簡単「ゆっくりスクワット」で改善を (1/2ページ)

 患者数が1000万人を超え、予備群も含めれば2000万人に達したとされる「糖尿病」。明日16日発売の『わかさ』2月号(わかさ出版)では、医療が進歩しても、なお不思議と増えつづける糖尿病の最新対策を集めました。

 糖尿病対策は、長らく「カロリー制限」が特に重要といわれてきました。しかし、それ以上に重要なこととして専門家が口を揃えて指摘するのが、「食後高血糖」をいかに防ぐかということ。

 食後に血糖値が急上昇したり、急変動したりすることは、「血糖スパイク」「ジェットコースター血糖」と呼ばれ、糖尿病を急速に悪化させるばかりか、血管や神経、内臓を傷め、動脈硬化や認知症、腎臓病などの合併症を招くと特に危険視されています。

 食後高血糖を防ぐためには、血糖値を直接的に上げる糖質の摂取を抑える「糖質制限」と、血糖の消費を促す「食後の運動」が大切。中でも、糖質制限の優位性については今年8月、世界で最も権威がある医学雑誌『ランセット』でも取り上げられました。

 ご飯、パン、麺類などの主食をたくさん食べて糖質過多の生活を送っている人は、糖質減らしが欠かせないでしょう。それとともに、食物繊維が多い野菜やキノコ、海藻を毎食の最初に5分ほどかけて食べるようにすると、食後高血糖がかなり抑えられるそうです。

 そして、日本人に糖尿病を増やしたもう一つの重大原因が、「座りすぎ」。1日の大半をイスやソファ、座イスなどに座ってテレビを見て過ごしている人はいないでしょうか。実は、米国の調査でテレビの視聴時間が2時間増えるごとに糖尿病の発症率が14%も高まることが判明しました。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース