記事詳細

【夕刊フジ人生相談駆け込み寺】官僚としてやりがい感じるも…実家を継ぐべきか否か 舞の海氏「やり甲斐を大事にするべきだ」 (1/2ページ)

 ■今回のお悩み

 実家のことです。某下町で、医療メーカー向けの部品を作っています。先日、70代の父親ががんで入院し、改めて自営業のせがれという自分の立ち位置を考えさせられました。

 私には姉がいるものの、実家を継げる状況ではなく、かといって私自身も官僚としてより安全、安心な国を実現するべく、やりがいを感じています。いよいよとなったとき、どんな決断をすればいいのか。自分で結論を出さないといけないのは分かっているのですが、アドバイスをお願いします。(公務員・男性 38歳)

 ■回答者 大相撲解説者・舞の海

 今の仕事にやり甲斐を感じているわけですから、そのやり甲斐を大事にしたほうがいいと思います。

 ご両親が一生懸命働いて大学まで行かせてもらい、夢をかなえさせてもらったわけです。ご本人も国の安全・安心の実現という壮大な目標をもって、今の仕事を選んだのだと推察します。そのときの思いを見つめ直してください。

 代々継がなくてはいけない職業もありますが、時代とともに仕事も生活スタイルも変わっていきます。私の両親は元々、毛糸店を営んでいましたが、編み物をする人が少なくなり、婦人服と毛糸を扱うお店になり、最後は婦人服だけを扱っていました。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう