記事詳細

妻の不倫率は12年で3倍に、バレる確率は「夫95%妻5%」 (1/4ページ)

 連日のように週刊誌やワイドショーを賑わす不倫スキャンダル。あなたは本当に「しょせんは派手な有名人の話だろ」と無関心でいられるだろうか。「普通の主婦たち」の浮気のハードルは著しく下がっている。もし知らぬ間に妻が寝取られていたら--。

 「夫にはママ友たちとホテルへケーキバイキングに行くって話してます。特に疑う様子はありません。本当は、待ち合わせの相手は男性。レストランのフロアじゃなくて、彼の取ってくれたツインのお部屋に直行するんですけどね」

 東京・豊島区に住む40代の専業主婦Aさんは、こう打ち明けた。10歳年下の男性と不倫関係を始めてもう1年。夫は都内で働くサラリーマン、高校生と中学生の娘2人がいるが、どちらも部活や塾で夜まで帰って来ない。逢瀬はもっぱら平日の昼間だ。

 「相手は通っていたスポーツジムのインストラクターです。だらしない体の夫と違って、色黒で筋肉質な彼にキュンときてしまって……。“断わられるかな~”とヒヤヒヤしながら食事に誘うとまさかのOKで。そのままそういう関係になってしまいました」

 最近、立て続けに家庭を持つ著名人・有名人女性の不倫騒動が世間を騒がせている。8月には斉藤由貴(51)に50代医師とのW不倫が報じられた。9月に入ると、民進党の山尾志桜里・代議士(43)にも9歳年下のイケメン弁護士とのスキャンダルが浮上。そして上原多香子(34)。2014年に自殺した夫の遺書が公開されたことにより、俳優との不倫が背景にあったことが発覚した。

 3人とも美貌で知られる存在である。不倫の真偽はともかく、男性との出会いや誘惑が多いことは容易に想像できる。しかし、彼女たちが特別だと思っていると大変なことになる。Aさんのような「不倫妻」は、急増の一途なのだ。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース