記事詳細

【健康寿命UP術】筋力量強化のスクワットで「ロコモ」予防 歩くだけでは不十分、中年期以降で起こっている人も… (1/2ページ)

 日常生活が忙しいと運動習慣はおろそかになりがちだ。運動不足に加えて、ストレス発散のための過食が伴えば内臓脂肪がたまり、その脂肪から生じる物質は生活習慣病を後押しする。医師から「食生活を見直して身体を動かすようにしましょう」といわれても、多忙でストレスいっぱいの日常を変えるのは難しい。筋力量は減り骨ももろくなってゆく。

 「健康寿命は、健康上の理由で日常生活に支障をきたしていない期間ですが、筋力量や骨密度の低下は、それを妨げます。骨折を伴う骨粗鬆症(こつそしょうしょう)や筋量低下のサルコペニア(加齢性筋肉減少症)、変形性関節症などにつながり、思うように身体を動かせなくなってしまうのです」

 こう指摘するNTT東日本関東病院の大江隆史院長補佐(手術部長)は、「ロコモチャレンジ!推進協議会」の委員長を務める。ロコモは、「ロコモティブシンドローム」の略称で、運動器障害による移動機能の低下をきたした状態の総称。2007年に日本整形外科学会がその概念を提唱した。

 「ロコモは高齢の方に起こりやすいのですが、中年期以降にすでに起こっている人もいます。すでに『ロコモ度1』(別表参照)の人は、解消することを心掛けましょう」

 生活習慣病などの診断を受けている人の中には、通勤時にひと駅前から歩くといった習慣をすでに持っている人もいるだろう。休日にも、散歩がてらに1時間程度のウオーキング。こうした習慣があっても、ロコモ度1の人はいる。ゆっくり歩くだけでは、ロコモ予防につながらないからだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース