記事詳細

【実食! テレビで見たあのお店】「セシルのもくろみ」ロケ地で味わう山形だしのステーキ 隠れ家的な「パーチェ イタリアンラウンジ」東京・麻布十番

★「パーチェ イタリアンラウンジ」東京・麻布十番

 吹き抜けのある開放的な空間で、農家直送の有機野菜などこだわりの食材を使ったイタリアンが楽しめる店だ。

 ここは、真木よう子主演のドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)で、伊藤歩扮する沖田江里が山上航平(金子ノブアキ)と飲みに来る店として使われている。店内はコンクリート打ちっぱなしで、シンプルな木のテーブルが配置され、モダンな雰囲気。カウンター席やソファ席、個室もある。

 オーナーの佐藤健二さんは、「ペットの犬の同伴も可能です。朝5時まで営業しているので、終電を逃したときにも使えますよ」と話す。メニューは、前菜、パスタ、ピッツァなど、バラエティー豊か。佐藤さんが山形出身ということもあり、山形産の食材を多く使っている。

 イチオシは、「山形牛のタリアータ」(3024円~)。なんと! 山形だしで食べるステーキだ。肉は、サーロインの部位を使用していて、柔らかでうま味がある。だしには、細かく刻まれたキュウリ、ナス、ネギ、大葉などが入っていて、酸味があるので、サッパリいただける。

 お酒も種類豊富に用意。ユニークなのは、「テキーラ&花火」(864円)だ。テキーラ「オルメカシルバー」を飲みながら、店内で線香花火が楽しめるというセットなのだ。ここならではの食事が楽しめる、隠れ家的な店だ。

 ■東京都港区南麻布1の5の4 NKCビルB1F (電)03・6459・4551。営業17~翌5。無休。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう