記事詳細

8月6日は土用の丑の日! うなぎもどき蒲焼きのレシピをご紹介

 7月25日(火)に「土用の丑の日」のニュースに触れた方も多いことだろう。2017年の今年は、土用の丑の日が2日ある。明日、8月6日(土)がそうだ。

 土用の丑の日は、うなぎを食べるが、うなぎは高くて手が出せないという方もいらっしゃるのではないだろうか。筆者もうなぎは大好きなのだが、高くてなかなか手が出せない一人だ。

 そこで、うなぎを使わずに蒲焼きができないか調べてみると、豆腐やはんぺんを使ったもどき料理のレシピを発見したので、早速作ってみた。

 ■うなぎもどき蒲焼きの作り方

 材料:木綿豆腐350g、はんぺん100g、ごぼう50g、片栗粉大1、塩少々、のり、油、たれ

 作り方:

 (1)まずは、ごぼうを切って、酢水につけ、30分ほど茹でる。

 (2)豆腐、はんぺんを適度な大きさに切り、ごぼう、豆腐、はんぺんの順番でフードプロセッサーに入れる。その時に塩と片栗粉を入れながら混ぜる。

 (3)のりの上にペーストを載せ、油で揚げる。

 (4)たれをつければ完成。

 詳しくは動画をチェック!

 ニコニコ動画で見る→bit.ly/2v9AmRe

 ■食感はうなぎにそっくり。色々な料理にアレンジしてみよう!

 うなぎもどき蒲焼の食感は、うなぎそのものだった。うなぎが苦手な人や子供でもおいしく味わえる一品だ。冷凍しても風味が損なわれないので、作りおきにすると便利そうだ。

 また、うな丼風にしてみたり、稲荷寿司に蒲焼を入れてみたり、卵で巻いて“うまき”にしたり、色々なうなぎもどき料理を楽しめそうだ。

 「教えて!goo」で調べてみると、「うなぎのまき寿司」のレシピを見つけることができた。こちらも参考にしてみてはいかがだろうか。

 教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

  • うなぎの巻き寿司
  • 鶏の唐揚げ「もどき」ないですか?
  • 週5日勤務が辛い……正社員を辞めたい
  • 教えて!ウォッチ
    zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

    関連ニュース