記事詳細

【糖質制限 結局いいのか、悪いのか】“糖質制限ブーム”生みの親、江部康二医師を直撃「健康な食事とは何かを考えていくことが大切」 (1/2ページ)

 「私が糖質制限の書籍を初めて刊行した2005年当時、米国糖尿学会は糖質制限食を全否定していましたが、08年から肥満の患者に期限付きで認め、13年には肥満の有無や期限も付けずに糖質制限食を治療食の1つとして容認しました。このため日本の医学界も糖質制限への態度を変えつつあります」

 こう語るのは“糖質制限ブーム”の生みの親ともいえる高雄病院(京都市右京区)理事長の江部康二医師だ。

 低糖質食品などの市場は3000億円を超えるとみられ、「糖質制限」はすでにブームの域を超えて社会に認知されている。次の段階として、どんな糖質制限が最適なのかが問われる中、江部医師は厳しい糖質制限(スーパー糖質制限=1日の糖質摂取量50グラム以下)を推奨し、自身の病院でも実践している。

 「糖質制限の有効性や安全性に関するエビデンスが蓄積されていくなか、一部の観察研究で厳しい糖質制限に対して否定的な結果があるのは承知しています。しかし、観察研究は切り口次第でいくらでも恣意的な解釈が可能です」

 「一方、糖質摂取後の『食後高血糖』『血糖変動幅増大』で生じる酸化ストレスが、動脈硬化や老化、がん、アルツハイマー病などの疾患の元凶であるのは紛れもない生理学的な事実。ゆえに、糖質を制限すればするほどこれらの病気になるリスクが低下するのは理論的に明らかです」

 江部医師はそう断言する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう