記事詳細

【終活Q&A】自筆の遺言を発見、中身を確認してもいい? もしも開封してしまったら…

 Q.自筆の遺言を発見。中身を確認してもいい?

 A.封印された遺言書は勝手に開封すると過料になる。裁判所での検認手続も必要。

 「遺品整理の時に引き出しに入っていた封筒をうっかり開けたら遺言書だったんです。表に何も書いていないからわかりませんでしたよ」と失敗を嘆くAさん。

 それというのも封印された遺言書は、相続人立ち会いのもと裁判所で開封しなければならないと民法に定められているからだ。違反すれば5万円以下の過料に処せられる。

 厄介なのは、仮に違反したとしても遺言書の内容が無効にならないこと。もし自分に有利な内容であれば、他の相続人からの疑いの目を向けられかねないだけに、うかつな開封は絶対に避けたい。

 自筆の遺言書は本人以外が内容を知らないことが多く、第一発見者や保管者による改竄(かいざん)のリスクがある。そのために法律でこのような規定を設けているわけだ。

 さらに民法では自筆証書遺言は、裁判所の検認という手続きを経なければならないことも定めている。これは遺言書の内容を公の場で明らかにすることで、内容の偽造などを防ぐ制度だ。

 封印をしなくても遺言書は有効とはいえ、これらのことを考えると封印をしたうえで、「遺言書」とわかりやすく書いておくのが親切だろう。

 もっとも、安全を期すなら公正証書遺言を作成するのが一番だ。遺言書の作り方はよく知られるようになったとはいえ、素人が扱うには落とし穴が多いものと心得たい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう