記事詳細

【終活Q&A】通夜、葬儀に行くときの服装は? 大切なのは弔う気持ち

 Q.通夜、葬儀に行くときの服装

 A.基本的なマナーは押さえたいが、大切なのは弔う気持ち。

 「通夜に行く服装ってわからないものですよね。あまりにかっちりした服装だと用意していたように映りますし、ラフすぎるのも失礼になります。結局、黒のスーツを着ていきました」と語るAさんの選択は正解と言っていいだろう。ひと昔前は、通夜には礼装をしないほうがいいとされていたが、最近は通夜でも略式の礼装をしたほうがいいとされている。男性ならダークスーツに暗い色のネクタイと靴下を合わせる。女性は地味な色のスーツかワンピースが基本だ。

 通夜に限らず葬儀・告別式でも略式でいいだろう。喪主はモーニングや和装といった正装が望ましいとされるが、実際には略式で済ませることがほとんどのようだ。

 アクセサリーは極力つけず、腕時計も金色のゴテゴテしたものは避ける。ネクタイピンはつけないのがベターだが、どうしてもというなら地味なものを選びたい。

 女性は黒無地のツーピースかワンピースが基本。喪家なら、より格の高いワンピースを選ぶのが妥当だ。宝石類はパールにしておこう。

 ちなみに、毛皮や皮製のコートなどは殺生を想像させるためNGとされている。たとえフェイクでも控えよう。

 面倒なルールのようだが、最終的に大切なのは弔う気持ち。それを考えればどういう服装が適切か見えてくるだろう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう