記事詳細

【終活Q&A】お墓の購入にかかる費用の内訳は? 永代使用料、墓石代、管理料…

 Q.お墓の購入にかかる費用の内訳は?

 A.主に永代使用料、墓石代、管理料の3つ。

 「一生に一度の買い物とはいえ、少しでも安くすませたいと思うのが庶民の本音ですよ。できれば100万円以下に抑えたかったのですが、結局200万円ほどかかりました」

 そうAさんが語るのはお墓の話。終活が盛んになった昨今、かなり透明化・低価格化が進んだとはいえ、大きな買い物であることに変わりはない。ある程度の額は覚悟するとして、「こんなはずじゃなかった」という事態にだけはならないよう、お墓の費用の仕組みをおさらいしておこう。

 費用の内訳は主に墓石代、永代使用料、管理料の3つだ。墓石代はそのまま石の価格。値段はデザインや大きさのほかに、石の相場にも大きく左右される。

 永代使用料は、寺や霊園からお墓を立てる権利を買うのに必要な費用。「お墓を買う」というから紛らわしいが、実際に買うのは権利だけ。土地そのものが自分のものになるわけではないから注意が必要だ。

 値段は立地や霊園の経営母体によってさまざま。公営のものは比較的安く、寺が運営する場合は檀家(だんか)でないと受け付けてくれないこともある。

 そして忘れてはいけないのが管理料。お墓は立てて終わりではなく、継続的に維持費がかかるもの。建てたはいいが、管理費の支払いでもめないよう、取り決めをしておきたい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう