ライフ注目ニュース

積極的安楽死が認められる条件を弁護士に聞いてみた

 世界的にみて、安楽死は賛否両論があるテーマだ。安楽死が認められているスイスに対し、現在の日本に安楽死に関する法は整備されていない。だが2016年末の脚本家・橋田壽賀子氏の「私は安楽死で逝きたい」という発言からも見て取れるように、この問題に人々の関心は高まっているのかもしれない。「教えて!goo」にも「もし自分が治療不能で悪化する病気なら安楽死を選ぶか」という質問が寄せられていた。