記事詳細

【PNN】強力遊タイムで勝どきを上げよ 「P戦国乙女6~暁の関ヶ原~」(アムテックス) (1/2ページ)

 今月上旬にホールへと出陣した「P戦国乙女6~暁の関ヶ原~」(アムテックス)が絶好調だ。人気シリーズであることに加えて、今作は強力な遊タイムを搭載していることもあり、なかなか空き台が見つからないほどの人気が続いている。「萌え系」ではあるが、演出・スペックともに素晴らしく、“打たず嫌い”はもったいない。この秋、強カワな乙女たちと天下分け目の関ヶ原に参戦してみては。

 アナ 戦国乙女シリーズ最新作は副題が「暁の関ヶ原」ですね。

 解説委員 関ヶ原の戦いが行われたのはいつだろうと調べてみたら、慶長5(1600)年9月15日、新暦に直すと10月21日だった。

 アナ まさに今の季節だったんですね。

 解説委員 420年前に思いをはせつつ、我々もホールで戦おうではないか。

 アナ そんな大層なことを言われても…(笑)。

 解説委員 じゃあ真逆の話をしよう。この機種を打つ時は演出カスタムで「先読み演出期待度アップ」にしてほしい。

 アナ 細かっ!

 解説委員 前作の「5」から受け継がれているんだが、これを設定するのとしないのとではゲーム性が一変するんだ。設定すると、保留変化とか、先読み演出が発生した時点で灼熱(しゃくねつ)になる。