記事詳細

【らく人の兄弟子 立川志らべの与太郎よそう】佐世保最終日 地元の井上が奮起。逃げる島川との踏み合いで好配当を狙う!

 2日目の紙面では隣で書いている(夕刊フジ競輪面)弟弟子・らく人が、競輪未経験の後輩と松戸競輪場に行ったけど、その後輩が的中し、私の「競輪にビギナーズラックはない」という言葉は違っていた、というようなことを書いておりました。

 彼はまだまだ考察が甘い。

 未経験の人はどうしても本命サイドの車券を買うわけです。松戸の3・3バンクはライン、本命で決まりやすく、さらに大きなポイントは現在の競輪が7車立てだということ! 松戸の7車立ては当たりやすいのです。

 ですから、彼はそんなつもりはなかったでしょうが、競輪初心者にうってつけの場所に連れて行ったとも言えるわけです。(その後輩はのちに地獄を見るかもしれんが…)

 佐世保ナイター最終日9Rはベテランファンとしてひねって考える。初日特選の原田は競られてモロかった。また、原田に競る選手はいないか? 井上に期待。逃げる島川との踏み合いで好配当を狙う〔3〕⇔〔1〕-〔2〕〔7〕!(落語立川流真打)

■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。