記事詳細

「投資信託・株・債券・ラップでなぜ失敗するのか? 損をする本当の理由と対策」セミナー開催 9月23、26日の各日2回

 夕刊フジは、好評の資産運用セミナー「投資信託・株・債券・ラップでなぜ失敗するのか? 損をする本当の理由と対策」(アンバー・アセット・マネジメント共催)を9月23日と26日の各日2回(午前11時、午後2時)計4回(講演内容はすべて同一)開催します。会場は産経新聞社(東京都千代田区大手町1の7の2)7階会議室。参加費無料。各回の定員は25人(先着順)です。

 同社の友田社長は、「『毎月分配投信』『ファンドラップ口座』『高利回りの新興国債券や仕組債』『高配当株』など、良かれと思った投資で損をした経験のある方は多いようです。私は証券アナリストとして、3000名以上の資産運用を分析してきました。すると損をする本当の理由が見えてきました。実は失敗の背景には証券会社では絶対に教えてくれない巧妙な罠があるのです。恐ろしいのは、危険な運用を正しいと思い込まされている人があまりにも多いことです。“分かったつもり”の罠に落ちないことが重要です」と解説する。

 定年後の生活を守るためにもご自身の資産運用が大切です。多くの方のご参加をお待ちしています。

 申し込みは、〒住所、氏名、年齢、電話番号、希望日時(9月23日午前11時/午後2時、同26日午前11時/午後2時)を明記し、(1)メール(info-yukanfuji@sankei.co.jp)、(2)ファクス03・3242・5760、(3)往復はがき 〒100‐8160 夕刊フジ新規事業推進室「資産運用セミナー」事務局(住所不要)宛、(4)産経iD(会員登録必要、入会金、年会費無料)(https://id.sankei.jp/e/1425)のいずれかでお申し込みください。折り返し入場証(はがき)をお送ります。

 【問い合わせ】夕刊フジ(03・3270・4689、平日午前10時~午後5時)。

 ■友田行洋 株式会社アンバー・アセット・マネジメント代表取締役社長。大和証券退職後、個人投資家側に立った独立金融アドバイザリー会社を創業。金融庁が毎年基調講演を行う日本IFAフォーラムや日経新聞などのメディアが開催するイベントで講演活動を行っている。(公社)日本証券アナリスト協会認定アナリスト。