記事詳細

ナイツが江戸のグルメを“堪能” 『おいしい浮世絵展』15日から開催

 15日から「おいしい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~」(9月13日まで、産経新聞社など主催)が東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開幕するのを前に、お笑いコンビ、ナイツの塙宣之(42)と土屋伸之(41)が13日、会場を事前見学した。

 同展は「江戸の食」をテーマに、浮世絵と食の関係性に焦点を当てる異例の浮世絵展。広報大使を務めるナイツは、「東海道中膝栗毛」の弥次さんと喜多さんをイメージした衣装で登場した。

 葛飾北斎や歌川広重といった江戸時代を代表する浮世絵師が描いた江戸のグルメに、土屋は「すしやかば焼きなど今と同じように食べられていた。当時の食文化を身近に感じることができる」と興味津々だった。

 かつてテレビ番組で江戸時代の料理法を体験したことのある塙は「今でも作れそうな料理をここで発見して、再現してほしいのでユーチューバーの人に来てもらいたい」とアピールした。