記事詳細

全国の「道の駅健活プロジェクト」支援 明治安田生命が7月から実施

 明治安田生命は18日、全国道の駅連絡会と「健康増進」をテーマとした活動を支援する「道の駅健活プロジェクト」を共同で推進することに合意したと発表した。

 生保業界で全国道の駅連絡会と事業提携を行うのは初めて。7月から開始する同プロジェクトの第1弾として、コロナ禍においても「地域住民の生活拠点」として重要な役割を果たす道の駅の関係者・団体に対して、マスク・消毒液の寄付など健康関連の支援を行うほか、コロナ収束後には、全国の道の駅が実施する健康増進に資するイベントなどへの支援も実施する。

 同社は4月から「地元の元気プロジェクト」を推進しており、全国に1173拠点ある道の駅への支援を通じて、地元の元気づくりに取り組む構えだ。