記事詳細

「江戸の食」テーマに浮世絵展 3月1日から前売り

 東京都港区の森アーツセンターギャラリーで4月17日から開催される、浮世絵に描かれる「日本の食」をテーマにした展覧会「おいしい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~」(産経新聞社など主催、6月7日まで)の各種前売り券が3月1日から販売される。

 一般1600円、高大生1100円、小中生600円の通常前売り券に加え、「図録付き(4000円)」や数量限定のグッズ付きの特別前売り券も販売される。

 本展では、浮世絵そのものの魅力を伝えるだけではなく、描かれた食のシーンを追いながら、当時の料理を再現し、そのレシピを解説することで現代の暮らしにもつながる江戸の食文化をひもとき、江戸時代ならではの料理方法も紹介する。

 詳細は公式ホームページ(https://oishii-ukiyoe.jp/)で。問い合わせはハローダイヤル(03・5777・8600)。