記事詳細

「日本国憲法のあり方を考えるシンポジウム3」4月23日開催 東京都千代田・よみうりホール

 夕刊フジは4月23日、よみうりホール(東京都千代田区有楽町1の11の1)で18時から「日本国憲法のあり方を考えるシンポジウム3」(協力・アパホテル)を開催します。 朝鮮半島や中東の情勢が緊迫し、中国発の新型コロナウイルスの感染拡大により「緊急事態条項」を新設する改憲議論に注目が集まる中、現行憲法のままで本当に国民と国土は守りきれるのか-。ジャーナリストの櫻井よしこ氏、同・有本香氏、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏が登壇し、徹底的に語ります。

 【入場料】全席指定3000円

 【購入方法(1)】チケットぴあ(https://t.pia.jp/)で販売中。Pコード644706

 【購入方法(2)】郵便番号、住所、電話番号、氏名、同伴者名を明記して、以下のいずれかの方法でご応募ください。入場料のお振込み先をご案内させていただき、入金が確認でき次第、入場証を送付いたします。当日、入場証をご持参ください。

 ■はがき 〒100-8160(住所不要)産経新聞社夕刊フジ新規事業推進室「憲法シンポ3」係

 ■メール info-yukanfuji@sankei.co.jp

 ■ファクス 03・3242・5760

 ※メール、ファクスの場合は、件名に「憲法シンポ3」と明記してください。

 【産経iD会員限定】チケット優待販売(2700円)もご利用ください。お申し込みは、産経iD専用ページ(https://id.sankei.jp/e/1120)まで。

 【問い合わせ】シンポジウム事務局(夕刊フジ03・3270・4689、平日10~17時)

 ※電話での申し込みは受け付けておりません。定員(1100人)に達し次第、締切といたします。