記事詳細

明治安田生命、新商品「認知症ケアMCIプラス」を2日に販売開始 (1/2ページ)

 ■進行予防に期待

 明治安田生命保険は、新商品「認知症ケア MCIプラス」〈5年ごと配当付終身医療保険(解約返戻金抑制型)[II型]〉の販売を2日、開始した。同社が、顧客や地域社会、働く仲間(自社従業員)の健康増進の取り組みを継続的に応援する「みんなの健活プロジェクト」の第2弾商品となるものだ。

 ■業界初!予防・早期発見から発症後まで幅広く“サポート”

 人生100年時代において「認知症」はセカンドライフ世代の誰もが直面するリスク。現在の医療では発症後の回復はほぼ見込めないとされるが、最近になり、前段階である「MCI(軽度認知障害)」を早期発見できれば、認知症への進行予防や健常な状態への回復が期待できることが分かってきた。

 こうした背景をふまえて発売されたのが「認知症ケア MCIプラス」だ。入院のリスクに対する「一時金給付タイプの一生涯の医療保障」に、認知症への進行予防や症状の改善に活用できる「MCI保障」、認知症発症後の家族の介護負担を軽減する「認知症保障」がセットされた。