記事詳細

本気の“新ジャンル” サッポロビール「GOLD STAR」 2月4日新発売

 サッポロビールは新ジャンル「GOLD STAR」を来月4日に全国で新発売する。

 同日よりオンエアされるテレビCMには、俳優の窪田正孝(31)を起用。「すべてのうまさを、過去にする。」のキャッチコピーのもと、誕生した「GOLD STAR」への決断を、堂々と窪田が宣言する姿にも注目だ。

 サッポロビールの調べによると、新ジャンルユーザーは、「おいしいことが、より実感・確信できること」を期待しており、“企業の本気”が伝わる商品を求めていることが分かった。そこから誕生したのが、サッポロビールのすべてをつぎ込んだ「GOLD STAR」だ。

 サッポロビールの長い歴史とともに磨き続けてきた二大ブランドの「サッポロ生ビール黒ラベル」の旨さ長持ち麦芽と「ヱビスビール」のドイツバイエルン産アロマホップを一部使用。さらに、両ブランドの仕込み方法の「ダブルデコクション法」を採用することで、理想の“力強く飲み飽きないうまさ”を実現した。

 缶パッケージには、黒ラベルらしさを感じる大きな金の星を配置。ロゴはヱビスをモチーフにしており、両ブランドのメインカラーであるブラックとゴールドを使用するなど、両ブランドの融合を表現。サッポロビールが本気で作り上げたことが伝わるパッケージデザインになっている。